蛸(たこ)を柔らかくにる

たこを柔らかく煮るには、昔から『よくたこを叩け』と言われています。綿棒で叩いたり、樽の中で、パンをこねるように、叩きつけていく、中身は大量に作る場合は、専用の洗濯機で回すなんてのも聞いたことがあります。その後、サッと茹で、表面のぬめりを取った後、出汁で、6時間ぐらいゆっくりと煮ていきます。先日、下の蛸の煮物をyoutubeで配信しました。これと同じものを、インスタにあげたところ、警告を受けした。YouTubeとインスタでは、利用されいる、プラットホームにきっと近いがあるんですね。

 

 

幸福

蛸(たこ)=「多幸(たこ)」多くの幸せを招く「一年間幸せでいられますように」との願いが込められています。タコはゆでることにより、表面の皮目があかくなります。正月に出てくる「酢蛸」は、よりよくみせるため、赤く着色され、めでたい紅、中身の白と、紅白になります。

 

栄養

ビタミンF

活性酸素から細胞膜を守ると言われている。若返りビタミンと呼ばれ、肌や細胞の老化を防ぐとされています

ビタミンB12

赤血球を作るとされている。貧血や不眠症を予防し、動脈硬化を防ぐとされています
亜鉛
免疫の補強、味覚感知などの効果があると言われている。細胞の老化を止め、免疫力を高めるといわれています
タウリン
胆汁酸の分泌を促成し、肝臓の働きを促す作用をはじめ、血中コレステロールを下げ動脈硬化などを予防する働きがあるとされています

ことわざ

『タコは芋に変じ、山芋は変じて鰻になる』

世の中には突然変異がありうるというたとえ

たこ桜煮

関連記事

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。