蕪を煮ること

かぶは、煮るのが難しい。そんな事を感じた事があるかもしれません。 確かにプロでも蕪を上手に煮るのは難しいものなのです。適度の柔らかさにあげるのは、ほんと難しいですね。では、上手に煮るコツは?

1、火をごく弱火でゆっくり煮る

2、下ゆでを弱火でし適度な硬さを残してから、煮汁でにる

3、小さな蕪を選び、皮を剥かずそのまま煮る

のがポイントです。

ちなみに蕪は、魚をおろした中骨を焼き、出汁のなかで、ゆっくり煮て行くのがおすすめです

和食の王道『鯛かぶら』は、まさに秋の紅葉鯛と蕪を美味しく食べることのできる煮物なのです。

 

 

健康運

かぶは種類は、大きく分けて西洋系と東洋系に分かれます、東洋かぶは中央アジアのアフガニスタンあたりが原産地、西洋かぶは地中海沿岸のヨーロッパと言われています。
一般的よくみられる、小かぶは西洋系のもので、関西、京都伝統野菜でもある「聖護院かぶ」などは東洋系を起源としています。
かぶは、晩秋から冬に向け美味しく、栄養価も高くなります
かぶの実にはタンパク質、カルシウム、ビタミン類が豊富に含まれており、葉の部分にも鉄分、ビタミン類が含まれているので、是非すべて余すことなくいただきましょう。
中国の民間療法では、頭痛、便秘、ニキビの治療などに効果があるとされています。
残暑で肺にたまった余熱を取り除き、機能を高めるために古来より重宝されてきた、健康運を高める野菜なのです。

 

栄養

カビは根の部分よりも、葉の部分のほうが、栄養価を多く含む野菜

『β カロチン』を多く含む

 抗発ガン作用や免疫賦活作用、体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれている

・ビタミンc

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果

・カルシウムやカリウムを多く含んでいます

ことわざ  『蕪は鶉となり、山の芋鰻になる』

想像できないようなことが起きること

蕪レシピ

 


 

五時(旬)
五味 辛 甘 苦 薬膳の分類
運気 健康 真っ赤色とハートの形
五色
五臓
五曜
五性 夏場の暑い季節、体温を下げる作用

関連記事

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。