子供の頃の思い出

子供頃、よく父親と釣りに行くことがありました。車で出かけて、川崎の方ですずきやハゼ。小田原でアジ。夏休みには、祖父母のいる島根では、小鯛やキスが釣れてました。釣った魚は、祖父が裁いてくれて、刺身で食べたのを覚えています。釣ったばかりなので、コリコリとした活魚の身質。ほのか甘味を感じる、そんな美味しい魚です。

 

恋愛運

『キス』は文字通り『キス』恋愛運を高める魚です。そして、漢字では、『鱚』『喜寿』とも書きおめでたい席で出される魚です。鱚を卸すとき、三枚卸しの容量で、尾を残して、開きにします。これを結ぶと、『ご縁結び』の鱚ができます。私の修行先の店の御節には。この結んだ鱚を油で揚げ、南蛮漬けにされたものが、つめられています。200〜300を卸し、結んでいく仕事は、。とても根気のいることなのです。

栄養

淡白味わいと身質。天ぷらでよく食べられる魚です。タンパク質が多く脂肪が少ないため低カロリーで、ダイエット中の食事に適しています。必須アミノ酸やミネラルが多いため、きすは栄養、美容、健康にも良い食材なのです。

ことわざ

「絵に描いてでも食え」

涼しげな容姿、『キス』『鱚』。昔は「喜寿」とも書き、祝い魚としてお祝いの席で食されてきました。そのタンパクな身質から、ポアレ、ソテーと、フランス料理にも使われるようになり、日本語にちなんで「Kisu」と呼ばれている。ステキな魚ですね

動画

五時(旬)
五味 薬膳の分類
運気 恋愛、 キス『Kiss』
五色
五臓 心臓
五曜
五性 夏場の暑い季節、体温を下げる作用

関連記事

この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。